こんにちは、SAYAです。



脱毛サロンで脱毛していくためには、脱毛前の事前処理を欠かすことができませんよね。



どのサロンを利用しても前日までの事前処理が必須ですが、どこまで事前処理が必要かはサロンによって異なります。



そこで今回、銀座カラーの事前処理はどこまで必要か、剃り残しがあった場合どこまで対応してくるのか紹介します。



スポンサーリンク




銀座カラーの事前処理はどこまで必要?




銀座カラーは基本的に全身の事前処理が必要ですが、手の届かない範囲を無理に自己処理する必要はありません。



しかし手の届く範囲に関しては、剃り残しができないようにしっかり自己処理する必要があります。



ワキや腕、脚など手の届く範囲にムダ毛が残っていると、その部分は避けて施術することになります。



しかし手の届かない「襟足・背中・腰・お尻・ヒップ奥(Oライン)」は、剃り残しがあっても電気シェーバーを持参していれば、スタッフさんが代わりにシェービングしてくれるので施術することができます。







銀座カラーは事前処理を忘れたらどこまで対応してくれる?




脱毛する部位の事前処理を忘れてしまった場合、施術を受けることができるのか気になりますよね。



手の届く範囲の事前処理を忘れたときは、脱毛することができません。



有料のシェービングサービスは行っていないので、事前処理を忘れた時点で脱毛できないことになります。



せっかくサロンまで来たのに施術NGとなって、再度予約を取らないといけなくなります。



手の届かない範囲の自己処理を忘れてしまった場合は、シェービングしてくれるので脱毛することができます。



その際には必ず電気シェーバーを持参してくださいね。



銀座カラーは有料のシェービングサービスがないので、手の届く範囲については剃り残しがないようにきっちり事前処理しなければいけません。



手の届かない範囲については、事前処理していても、事前処理していなくても、綺麗にシェービングして脱毛してくれるので安心ですね。



脱毛サロンを選ぶときにはシェービングサービスを比較することも忘れてはいけません。



シェービングが苦手な人や、剃り残しができないように処理するのは面倒という人は、無料有料に関係なくシェービングサービスを導入しているサロンの方が安心して利用することができますね。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク