こんにちは、SAYAです。



脱毛に通う中で避けて通れないのが、脱毛前の自己処理です。



脱毛の予約前日までに電気シェーバーかカミソリを使って、ムダ毛を綺麗に処理しておく必要があります。



しかしどんなに頑張っても、1本や2本剃り残してしまう可能性がありますよね。



そこで今回、剃り残しに対する銀座カラーのシェービングサービスについて、シェービング代がかかるのか、またどこまで自己処理が必要なのか紹介していきます。



銀座カラーの最新キャンペーン情報





銀座カラーのシェービング代は全身サービス?




ほとんどの脱毛サロンで有料のシェービングサービスが行われている中、銀座カラーのシェービングは無料です。



しかし銀座カラーが無料でシェービングしてくれるのは、手の届かない範囲に限ります。



手の届かない範囲というのは、「襟足・背中・腰・お尻・Oライン」などの事を差します。



自分で無理にムダ毛を処理すると、肌を傷つけてしまう恐れがあるので、無理をせずにサロンのスタッフにシェービングを任せるのが一番ですね。



銀座カラーは自己処理が事前に必要?どれくらいやればいいの?




先ほど手の届かない範囲に限り、無料でシェービングしてくれるということを説明しましたが、手の届く範囲については自分で事前処理しなければいけません。



脇や腕、脚など自分で手の届く範囲は絶対自己処理していなかないといけませんし、万が一剃り残しの毛があった場合は、その部分だけ避けて施術されるので注意が必要です。



ムダ毛の残っている部分だけ避けて照射されてしまうと、その部分はいつまでも毛が生えたままになります。



身体のかたさやクセなどで処理できていない部分が毎回同じだった場合は、常にその部分の脱毛ができていないことになるので注意して自己処理しておきましょう。



サロンで剃り残しを指摘された場合は、次回の自己処理のときに念入りにその範囲をシェービングしていく必要がありますね。



銀座カラーのシェービングの注意点とは?




銀座カラーは脱毛サロンの中でも珍しく、自分で電気シェーバーを持参しなければいけません。



もし電気シェーバーを忘れてしまったときには、無料シェービングもなしになるので注意したいですね。



せっかく手の届かない範囲を無料でシェービングしてくれるというサービスがあるので、常にお化粧ポーチの中に電気シェーバーを忍ばせておくと安心です。



サロンでも電気シェーバーは販売されていますが、家電量販店と比べると高めに販売されているので、余計な出費をしないためにも電気シェーバーは忘れずに持参しましょう。



銀座カラーのシェービングは、自前の電気シェーバーが必要、手の届かない範囲のみ無料でシェービングしてくれるといった他のサロンとは違ったシェービングサービスになっています。



シェービング代のかかるサロンだと、脱毛料金が安くても毎回シェービング代を請求されて、結局高額な支払いになってしまったということになりかねません。



その点を考えると、無料でシェービングしてくれる銀座カラーはとても良心的な脱毛サロンです。



サロン選びをするときには、シェービング代やシェービングサービスの内容についても比較しておくと安心ですよ!



銀座カラーの詳細を見てみる