こんにちは、SAYAです。



銀座カラーで脱毛を考えている方は、施術時の痛みがどのくらいか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。



特に痛みに弱い人はどのくらいの痛みなのか、事前に知っておきたいですよね。



そこで今回、銀座カラーの脱毛施術時の痛みについて、口コミも合わせて紹介していきます。



スポンサーリンク




銀座カラーの脱毛方法は?




銀座カラーは黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、熱エネルギーに変換し毛根にダメージを与えていくIPL方式の脱毛を採用しています。



そのためVIOなどのメラニン色素の濃い太い毛に対して高い脱毛効果を発揮します。



IPL方式の脱毛の弱点としては、メラニン色素の薄いうぶ毛に対しては効果を実感できるまで回数がかかるということです。



銀座カラーの脱毛施術は痛い?




脱毛サロンの脱毛方法は、導入されている脱毛機によって方法が異なります。



銀座カラーのIPL脱毛以外に、ミュゼや脱毛ラボのS.S.C.脱毛、カレンやディオーネのハイパースキン脱毛などいろいろな方法があります。



銀座カラーのIPL脱毛は、その中でも痛みが強いと言われている脱毛方法です。



一瞬ゴムをパチンと弾いたような痛みと表現されることが多いですが、我慢できないほどの強い痛みではありません。



実際に銀座カラーで脱毛している人の口コミを確認してみると・・・









特に脚などの脂肪が少ないところに光を照射するときは痛みが強いです。



私も実際に銀座カラーを利用して脱毛したことがありますが、我慢できないほどではなく、一瞬痛いなと感じる程度でした。



同じような痛さを表現するなら、毛抜きを使って毛を引き抜いたときの痛みです。



毛抜きを使って毛を抜く痛みを我慢できる人であれば、問題なく銀座カラーのIPL脱毛はクリアできると思います。







銀座カラーの施術時の痛みを軽減する方法は?




銀座カラーのIPL脱毛の痛みは、脱毛前のケアで軽減することができます。



痛みを軽減する方法1. 保湿ケアをする




肌が乾燥している状態で脱毛施術すると、照射時の痛みが増してしまいます。



そのため脱毛期間中は普段以上に保湿ケアを意識することで、脱毛施術時の痛みを軽減することができます。



肌の乾燥は脱毛効果も低くしてしまうので、効率よく脱毛していくためには保湿ケアは欠かすことができません。



痛みを軽減する方法2.美肌潤美を利用する




銀座カラーでは脱毛のオプションとして、「美肌潤美」という保湿ケアをつけることができます。



美肌潤美のメリットは、脱毛後の乾燥した肌を保湿ケアできるというものです。



皮膚科医と共同開発した保湿成分たっぷりのローションをミスト状で噴きかけるので、肌の内部まで浸透していき、高い保湿効果を期待できます。



脱毛施術の痛みを軽減するためには、保湿ケアをして乾燥を改善しておくことが必要です。



脱毛後の乾燥を美肌潤美で改善して、肌の水分量を高めることが施術時の痛みを軽減することにつながります。



痛みを軽減する方法3.なるべく自己処理をしない




カミソリや電気シェーバーなど、色々な自己処理法がありますが、どの手段で自己処理しても肌にダメージを与えてしまいます。



角質を削り取ったり、肌の乾燥を悪化させたりなど、肌の状態を悪化させてしまうので、脱毛期間中はなるべく自己処理をしないようにするのが一番です。



脱毛前日には自己処理しないといけませんが、それ以外はなるべく自己処理しないようにしましょう。



脱毛するときに施術時の痛みが恐いという人も多いですが、施術時の痛みが全くないということは毛根へのダメージが弱いということでもあります。



施術時の痛みが少ない脱毛方法は脱毛効果も低くなってしまうため、施術時の痛みがある方が脱毛効果をしっかり実感できるということでもあります。



医療レーザー脱毛がエステ脱毛よりも痛いというのもそのためです。



銀座カラーの脱毛は痛いという人もいますが、それは毛根部にダメージを与えているということの表れです。



我慢できないほどの痛みではないので、毛が薄くなっていると言い聞かせて乗り切るといいですよ。



私自身も銀座カラーの脱毛を体験してみて我慢できないほどの痛みではなかったと経験しています。



毛を薄くしていきたいという気持ちで痛みをカバーできるので、まずはカウンセリングの無料体験でどの程度の痛みかどうかを確認しておくのがおすすめですよ。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク