こんにちは、SAYAです。



脱毛している途中で妊娠が発覚した・・・そんな時はどうすればいいのでしょうか?



妊娠を希望している女性にとっても、脱毛中に妊娠してしまうとどうなるのか事前に知っておきたいですよね。



今回は、銀座カラーで脱毛している途中に妊娠が発覚した場合、脱毛を続けることができるのか、妊娠に対する対応について紹介していきます。



スポンサーリンク




銀座カラーは妊娠すると脱毛できない?




銀座カラーで脱毛している期間中に妊娠が発覚すると、脱毛を中断しなければいけません。



妊娠が分かったら、すぐにサロンに報告しましょう。



契約しているコースが期間無制限の脱毛し放題コースや回数制のコースなら期間を気にせずにお休みできますが、期間が決まっているコースの場合は注意!



妊娠から脱毛再開まで2年ほどかかる女性がほとんどなので、契約内容によっては期間が過ぎて契約終了になる可能性も。



そうならないためにも契約するときに妊娠した場合の事を予想して、期間が延長できるか確認しておくと安心ですね。



なぜ妊娠すると脱毛できないの?




妊娠すると脱毛できないというのは、脱毛サロンやクリニックすべてに共通しています。



では、なぜ妊娠すると脱毛することができないのでしょうか?



一番の大きな理由は、ホルモンバランスが大きく乱れるからです。



ホルモンバランスが大きく乱れることによって、いろいろな影響が体に出てしまいます。



影響1.肌が敏感な状態になる




妊娠してホルモンバランスが乱れると、肌が敏感な状態になり、脱毛施術によって肌トラブルを起こしやすくなります。



また痛みに対して敏感になってしまうので、普段よりも強い痛みを感じる可能性があります。



影響2.体調不良に陥りやすい




妊娠すると一時的に黄体ホルモンの分泌が増加し、体調不良になる可能性が高くなります。



筋肉の収縮を抑える機能が働くため、胃などの消化機能の働きが鈍くなるなどの体調の変化も伴います。



このように妊娠前と妊娠中では、身体に大きな変化が表れてしまい、体調不良に陥りやすくなります。



影響3.体毛が濃くなる可能性がある




妊娠するとホルモンバランスが乱れてしまうため体毛が濃くなります。



妊娠によって体毛が濃くなった経験のある女性が多いのはこのためです。



せっかく銀座カラーで脱毛しているにも関わらず、それに逆らって体毛が濃くなっては意味がありませんよね。



脱毛によって薄くなっても妊娠によって体毛が濃くなってしまっては、いくらお金があっても脱毛完了しません。



このような理由から、銀座カラーでは妊娠すると脱毛を中断しないといけないのです。



妊娠は病気ではありませんが、健康な状態であるとは言い切れません。



通常の状態ではないということから、妊娠中の脱毛は受け付けていないということなのです。







銀座カラーでは出産後いつから脱毛を再開できる?




脱毛サロンによって出産後の脱毛再開のタイミングは異なりますが、銀座カラーは生理が2回以上順調にきてからの再開となります。



また「ワキ・胸・乳輪周り」の脱毛は、乳腺に近いということもあり、授乳完了後からの脱毛再開となります。



銀座カラーは、脱毛部位によって出産後の脱毛再開のタイミングが異なるので注意しましょう。



妊娠中に脱毛施術すると赤ちゃんに影響がある?




妊娠初期の状態だと、まだ妊娠が判明していないうちに脱毛施術を受けてしまったということもあり得ます。



そのようなときに脱毛施術がお腹の中の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうことがあるのでしょうか?



妊娠中に脱毛できない理由は、ホルモンバランスの乱れによる影響がほとんどです。



赤ちゃんに対して悪い影響があるわけではないので、万が一妊娠初期に脱毛施術をしてしまったとしても、赤ちゃんに対して何か影響を与えることはありません。



妊娠初期に脱毛施術を受けてしまった、という人も不安に感じる必要はありませんよ。



今回紹介したように、銀座カラーでは妊娠すると脱毛を中断しないといけません。



妊娠すると身体の変化によって体調が悪くなったり、気持ちの面で不安になったり、様々な変化に襲われてしまいます。



無理に脱毛を続けずに、妊娠中は脱毛をお休みしてゆっくり過ごし、赤ちゃんを迎え入れる準備をしてくださいね。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク