こんにちは、SAYAです。



脱毛したいと考えている人の中には、日常的に薬を使用しているという人も多いのではないでしょうか。



薬を服用している人は、銀座カラーで脱毛できるのか気になりますよね。



そこで今回、銀座カラーは薬を使用していると脱毛NGか、脱毛と薬の関係について解説します。



スポンサーリンク




銀座カラーは薬を使用すると脱毛できない?




銀座カラーでは、薬を服用している人や薬を塗布している人は施術できない決まりになっています。



薬を服用後24時間は施術を受けることができないので、脱毛の予約をしている場合は注意しましょう。



また塗り薬を使用している人も、脱毛前には使用しないようにしましょう。



特に塗り薬は、脱毛に使用する光と反応して肌トラブルを起こす可能性があります。







日常的に薬を使用している場合は脱毛できない?




たまに頭痛薬を飲んでいる、ニキビ用の軟膏を使用している、など症状が出たときだけ薬を使用している人は、脱毛の前だけ薬をやめておけばOKです。



しかし医師による処方薬を日常的に使用している場合は、そうはいきませんよね。



そのような場合は、担当医による脱毛の許可が必要になります。



担当医の許可が下りた場合のみ、脱毛前の薬の服用を中止すれば脱毛施術を行うことができます。



また医師による処方薬を日常的ではなくたまに使用している人も、医師による確認が必要になります。



脱毛期間中、完全に薬を服用しなくても済むのであれば大丈夫ですが、薬を欠かすことが出来ないという場合は担当医師に確認をしておく方が安心ですね。



カウンセリングでは薬を使用していないかどうか、という確認項目があります。



それに当てはまり、担当医師による脱毛の許可が下りていない場合、カウンセリングで契約を断られる可能性があります。



薬を使用している人は、銀座カラーのカウンセリングを受ける前に、担当医の許可をもらっておくとスムーズに契約することができますよ。



薬を服用、使用しているからといって脱毛を諦める必要はありません。



しっかり担当医に脱毛の許可をもらって、脱毛をスタートさせてくださいね。



今回も読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク