脱毛ラボの効果と必要回数は?VIO脱毛はどうなのかのイメージ




こんにちは、SAYAです。



脱毛ラボは、とにかく格安で全身脱毛ができるため、予算が限られている学生や主婦に人気です。



そこで今回、脱毛ラボの効果について何回目で得られるのか、一般的なお話に加え、私自身の口コミ体験談をご紹介します。


また、効果を実感できない場合の原因と対処法についても、合わせてお伝えします。



スポンサーリンク




脱毛ラボは何回目で効果を実感できる?2chとツイッターで検証!




まずは、2chやツイッターの口コミをチェックしていきましょう。



脱毛ラボの脱毛効果の口コミ解説
脱毛ラボの脱毛効果の口コミ解説










多くの場合、脱毛ラボのS.S.C.脱毛は、1回目からしっかり効果を実感することができます。



脱毛してから10日~2週間ほど経つと、施術したムダ毛がポロポロと自然に抜け落ちるので、「脱毛できてる!」と実感することができるのです。



脱毛サロンによって導入している脱毛器が違うので、脱毛方法の仕組みが異なり、中には施術後に毛が抜けない方法もありますが、脱毛ラボが導入しているS.S.C.なら、ムダ毛の毛根にダメージを与えることで毛根からムダ毛が離れ、成長につれて自然とムダ毛が抜け落ちるので、脱毛効果を実感しながら脱毛を続けることができます。



ムダ毛が抜け落ちると脱毛できているという実感が湧きますし、何よりもムダ毛が抜け落ちてから次の成長期の毛が生えてくるまでの期間は無毛状態を維持することができます。



毛が抜け落ちてツルツルになった素肌は、ムダ毛にコンプレックスを抱えている人にとってとても嬉しい変化ですよね。



脱毛を開始してすぐは抜けない毛が数本ある可能性があります。



その理由は、脱毛開始時は全く毛根にダメージを受けていない元気な状態なので、1回の施術では毛が抜けるまで十分なダメージを受けていないためです。



繰り返し施術をすることで十分なダメージを毛根に与えることができ、脱毛施術後自然と毛が抜け落ちるので安心してください。



毛質にはっきりとした変化を感じるのは何回目?




脱毛効果は1回目で実感することができますが、それは毛根にダメージを与えたことで毛が抜け落ちた結果です。



毛が細くなったり、毛の生えるスピードが遅くなるといった効果は、ザックリ、12回ほどの回数が必要になります。



特にデリケートゾーンに生えているムダ毛は、毛周期が1~2年と非常に長いので、一度脱毛施術を行うと次の毛が生えてくるまでにかなりの時間がかかります。



その期間が長すぎるので、脱毛が完了したと勘違いする人も多いですが、実際には毛根が休んでいるだけで脱毛が完了したわけではありません。



毛の濃さにも影響しますが、濃い毛よりも薄い毛の方が脱毛に効果が出るまでの期間は長くなり、18回必要になりますね。







そこで脱毛を中止すると、再びムダ毛が生えてきて、以前と同じように普通に毛が生えそろいます。



さらにvio(デリケートゾーン)の毛周期は他の部位と比べて毛周期の長いので、はじめは間隔をつめて行い、脱毛効果が出てきたら少し間隔をあけて施術を行うというのがおすすめです。



脱毛施術によって抜けた毛根は、成長期を過ぎ退行期と休止期に入ります。



その期間はムダ毛が生えてくることはないので、次の成長期のムダ毛が生えてくるまで待つ必要があります。



ほとんどの体毛は2~3か月で毛周期を繰り返していますが、デリケートゾーンの毛周期は1~2年とムダ毛の生えている部分によって毛周期が異なります。



脱毛ラボの脱毛は継続して施術することで毛根の働きを弱めることができるので、毛周期に関係なくどの部分のムダ毛も薄くしていくことができますよ。







2週間おきに脱毛できる新脱毛の口コミは?




2週間おきに脱毛できる新脱毛は、これまでに比べて高い脱毛効果が期待できます。



実際に以下のような口コミ情報を見つける事ができます。




(画像引用;https://twitter.com/aramikit/status/750595922627878912?lang=ja)



これまで2,3か月おきに脱毛するのが一般的でしたが、脱毛ラボで導入された2週間おきに脱毛できる方法はかなり早く効果を実感できます。



これまで脱毛レベルの低いエステ脱毛を2,3か月おきに施術するのは効果が低いのではないか、と言われていましたが、2週間おきに施術できればその分だけ結果も早く出るということになりますね。



通う頻度は多くなりますが、短期間で脱毛を終わらせたいという短期集中型の人には最適な脱毛コースです。



2週間おきに脱毛施術ができるのは、脱毛ラボの回数パックスピードコースのみとなります。



またスピードコースは1か月に1回必ず通わなければいけないという決まりがあるので、それをクリアできるかどうかも重要なポイントになりますね。



1か月に1回、もしくは最短で2週間に1回通えるという部分だけ見ると魅力的ですが、1か月に1回通えなかった場合、1か月分の料金が発生するにも関わらず脱毛1回分の消化となるので注意しましょう。




6か月周期で脱毛するまったりコースの効果は?




脱毛ラボの全身脱毛月額制コースの中には、最安値と言える3,980円の月額制コース、「まったりコース」があります。



このまったりコースは、6か月かかって全身脱毛1周することができます。



1部位として考えてみると、1回施術してから2回目の施術は6か月後ということになります。



脱毛頻度の問題で考えると、3,980円という激安で全身脱毛できる月額制コースのまったりコースは効果を実感できるまでにかなりの期間がかかりそうですね。



これまで脱毛の間隔が脱毛効果の表れ方を左右するという説明をしてきているので、6か月に1回の頻度で脱毛するまったりコースは効果を出すタイミングを逃しているということになります。



個人的には脱毛の間隔が6か月おきと、かなりあいてしまう月額制のまったりコースはおすすめしません。



なぜなら2週間おきに脱毛できるスピードコースの効果の表れ方が早いにも関わらず、6か月に1回しか脱毛できないまったりコースで同じように脱毛効果を実感できる訳がないのです。



効果の出方が悪くても、安く早いうちに脱毛を開始したいという人には最適なコースでしょう。



少しでも自己処理の頻度を減らしたい、という人にも十分おすすめできます。



脱毛ラボは毛質によって効果の出方に違いはある?




脱毛ラボの脱毛方法は、濃い毛だけでなく産毛にもしっかり効果を発揮する脱毛方法として人気があります。



メラニン色素に反応する脱毛方法ではなく、抑毛成分を毛根に浸透させて脱毛していくので、濃い毛や産毛など毛の濃さによって効果の出方に違いはありません。



しかし濃い毛の場合は、毛根も太く元気なので、十分なダメージを与えるまでに脱毛施術の回数が必要になる可能性があります。



肌質や毛質などによっても脱毛効果の出方には個人差が出てしまうので、脱毛完了までの施術の回数は一概に言うことはできません。



しかし保湿ケアや紫外線、自己処理などのダメージから肌を守ることで、脱毛効果が出やすくなり脱毛完了までの回数を抑えることができるのです。



脱毛ラボでは施術時の保湿ケアに力を入れていますが、日頃の保湿ケアも脱毛効果に大きく影響を与えるので、自宅で毎日保湿ケアを行いましょう。



脱毛ラボで導入された新しい脱毛・スピード脱毛とは?




脱毛ラボでは最新の連射脱毛器を導入し、脱毛スピードが今までよりも早くなりました。



一体その脱毛方法とは、どのような施術で、これまでの脱毛とはどう違うのでしょうか?



従来の脱毛ではイタリアのDEKA社の脱毛器を使って、抑毛成分のカプセルを含むジェルとの相乗効果によって脱毛を行っていました。



新しい脱毛方法も従来と同じくDEKA社の脱毛器を使用し、抑毛成分と光の相乗効果によって脱毛していくS.S.C.脱毛を採用しているという点では変わりありません。



変わった点と言えば、最新の連射脱毛器を導入し施術にかかる時間を短縮できたという点と、脱毛の際に使用するジェルを独自開発したものに変更したという点です。



脱毛ラボが開発したジェルは、「プリンセスケア・トリートメントモイストジェル」と言います。



抑毛成分を含むトレジャービーンズを採用しているところは以前と変わりありませんが、ダイズイソフラボン成分を含んでいるのでより抑毛効果を期待できるということです。



大豆イソフラボン、聞いたことあるけど詳しく理解していない方は以下の政府系サイトを参考にしてくださいね。



⇒大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A:農林水産省



さらにプリンセスコスメを脱毛前と脱毛中、脱毛後に使用することで、保湿効果を高め、エステならではの脱毛効果の高さを実現しています。



脱毛エステという特徴を最大限生かすために、美容的な要素を強くし、脱毛効果を引き出しているのです。



以前までの脱毛と比べると、保湿ケアにも力を入れていますし、脱毛効果が早く出るのではないかと期待できる内容です。



また2週間に1回の頻度で脱毛施術を行うことができるので、より毛根に対して集中的にダメージを与えることができるという点で脱毛効果を感じやすくなっています。



従来の脱毛と比べるとスピードが早くなっているようですが、全店舗で最新の脱毛器が導入されている訳ではありません。



徐々に全国の脱毛ラボに導入していくので、スピード脱毛を利用したいという人は指定の店舗を利用する必要があります。



これから全店舗導入を目指して展開していくようなので、近くの店舗で利用できる日も近そうですね。



フラッシュ脱毛はどんどん進化しているので、脱毛効果を実感できるまでの期間もどんどん短縮されてきています。



これまでは約2年かかって脱毛完了できていましたが、これからはどんどん短縮して1年以内で脱毛完了できる日が来るかもしれませんね。



脱毛ラボで導入されている新脱毛、スピード脱毛は最新の連射脱毛器を導入し、ジェルを自社開発したことで可能になりました。



脱毛ラボの脱毛が気になる方は、無料カウンセリングで体験することができるので、一度体験してみることをおすすめします。



脱毛ラボの無料カウンセリングを体験された方の口コミです。









脱毛ラボのVIOの効果は?SAYAの口コミ実体験!


脱毛ラボのVIO脱毛の効果・解説イメージ




私が脱毛ラボの月額・全身プランを利用して一番効果を実感することができた部位が、Vラインでした。



なぜVラインの毛が他の部位よりも効果を実感することができたのかと言うと、「毛の濃さ」です。




ラボでは、黒いもの(メラニン)に反応する特殊な光を照射し、毛根部分にダメージを与えることで毛の成長力を弱めることができる方法を採用しています。



肌の色と毛の色の濃さに差があるほど、高い効果が得られるのですね。(これとは逆に、うぶ毛は毛の色が薄いので、なかなか効果を実感することができません。)



脱毛ラボは剛毛OK?効果UPに美肌スキンケアが良い理由!



1つ注意するポイントがあります。



それは、IOラインは人によって効果の出方が違う、ということです。




つまり、IOラインのように、人によって色素沈着が進み勝ちな部位の場合、毛の色と肌の色にそれほど差がないので、効果が出にくくなってしまうのです。



その分回数を受けないと、毛を薄くすることができません。



一方、一般的にVラインの毛は色素が濃く、肌と毛の色の差が大きくなるため、効果を早く実感することができます。



1本1本の毛が細くなっているのも実感できますが、間引いたように毛の量が減っているのも実感できています。これは2か月から3か月ごとに繰り返される毛周期による効果です。



毛は成長期と退行期、休止期を繰り返しながら、どんどん新しい毛が生えてくるようになっています。



普通は絶え間なく毛が皮膚上に生えているようになっていますが、施術から2週間程度立つと自然と毛が短期間で抜け落ちます。




さらに次に生えてくる準備のできている毛が生えてくるので、間引いたようなまだらな毛の状態になるというわけです。



施術をした毛はそれまでの毛よりも細くなってまた生えてくるわけですので、全く生えてこなくなるわけではありません。



しかし、どんどん細くなって最終的にはうぶ毛のようなほそい毛、もしくは毛が生えない状態までにもっていくことができるのです。



Vラインなんてまわりの友人よりも毛が濃くて見るたびに憂鬱になっていたくらいですが、薄くなっていて見るたびに嬉しくなります(^_^)v



濃かったVラインの毛が薄くなったと実感できるまでに受けた施術の回数は、私の場合は6回でした。思ったより短期間で済みました。



光脱毛は、6回の施術で効果を実感、12回で自己処理がいらないほど毛が薄くなるといわれていますね。




それから、いろんな口コミサイトでも語られていますが、たくさんあるサロンの中で全身料金がも格段に安いのが特徴ですね。






私はあと1年通って自己処理のいらないツルツルな肌を目指します。



それから、脱毛ラボのVIOは、下半身に何も着用しないのも特徴。



パンツを履かないメリットは、大きく、




  • 照射漏れがなくなること

  • 施術時間が短くなること




  • です。



    実際にエステティシャンの方もおっしゃっていましたが、施術中に、ショーツをめくったりずらしたりしながら照射すると、『この部分は何回照射したかな?』と分からなくなり、計画通り照射ができなくなる可能性が高まるそうです。



    それから、当然ながら、めくったりずらしたりする分、施術時間も長くかかるわけですね。



    私の場合、全身脱毛コースだったので、VIOラインの照射は仰向けの時とうつ伏せの時に2回に分けて行いました。



    仰向けの時にVラインとIラインを行い、うつ伏せの時にOラインの照射を行いました。



    実際の照射の様子ですが、VIO以外の部位に比べて、短めに済ませているという印象です。



    やはりデリケートな部位なので、他の部位よりも扱い方に気を遣っているのを感じられました。



    一瞬なので痛みはチクっと痛む程度でした。



    医療レーザー脱毛でVIO脱毛を行った人の体験談を見ていると、激しい痛みを伴った人が多く見られます。



    痛みに弱い人でも、脱毛ラボの光脱毛なら激しい痛みを伴わずに施術を受けることができます。



    照射を済ませると、冷たいタオルで冷やして皮膚を休ませます。



    とても手際よく、短時間で施術は完了しました。



    『どうしても下半身すっぽんぽんで施術するのが恥ずかしくて無理!』



    という場合は、自分で紙ショーツを持参してもOKですよ。



    恥ずかしいので紙ショーツを履いてもいいですか?と聞けば快くOKしてくれますし、何よりも丸出しを見られなくて済むので、安心して施術することができます。



    紙ショーツは楽天市場などで簡単に手に入ります。50枚で800円位なので、お友達と分けてもいいですね。



    しかし、ラボでは紙ショーツを履いた状態でVIOの手入れを練習をしていないので、すっぽんぽん状態の方が照射漏れなく綺麗に処理できる可能性が高いですね。



    VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



    スポンサーリンク




    脱毛ラボで効果を実感できない場合の理由について




    脱毛ラボで脱毛しても毛が抜けないなど、効果を実感できないケースもありますね。



    その理由は、大きく4つありますので、1つずつ見ていきましょう。



    効果がない理由1.体質的に合わない




    脱毛ラボのS.S.C.脱毛は、濃い毛だけでなく、従来では脱毛効果を発揮しにくかった産毛に対してもしっかり脱毛効果を発揮することができます。



    しかし肌質や毛質の問題で、体質的に合わない可能性もあるので、数回脱毛施術をしても効果が実感できない場合もあります。



    そのような場合は、S.S.C.脱毛とは異なる別の脱毛方法に切り替えてみる必要があると言えます。



    S.S.C.脱毛で効果が出なかったにも関わらず、ミュゼに乗り換えしてしまうと意味がありません。



    なぜかと言うと、ミュゼの脱毛方法もS.S.C.脱毛なので、同じ結果になってしまうからです。



    もし脱毛サロンを乗り換えるのであれば、銀座カラーやエピレのIPL脱毛やディオーネのハイパースキン脱毛など別の脱毛方法がいいでしょう。



    ⇒脱毛ラボの脱毛は剛毛に効果ある?効果を高める秘訣とは?



    効果がない理由2.毛根が抜けるほど十分な効果が出ていない




    脱毛を開始したすぐの毛根は、ダメージを全く受けていない健康な状態です。



    そのため1回くらいの脱毛施術では十分な効果を発揮することができず、毛が抜けるまで毛根にダメージを与えることができていないという場合もあります。



    毛根に対して十分な脱毛効果を与えることが出来た場合は、施術後2週間ほど経った時点で自然と毛が抜け落ちますが、十分な脱毛効果がなかった場合、毛が抜け落ちることはありません。



    2,3か月に1回の頻度で脱毛施術を行い、その時に成長期に入っているムダ毛に脱毛効果を与えていきます。



    そのためはじめの数回は脱毛効果を実感できない毛があっても、仕方ないと言えるでしょう。



    抜けない毛が多すぎるという事は問題ですが、繰り返し施術を行う事で徐々に毛根にダメージを与え毛を薄くしていくことができるのです。



    効果がない理由3.成長期の毛ではなく退行期の毛である




    施術後2週間以上経っても毛が抜け落ちないという場合は、その毛は成長期の毛ではなく退行期の毛である可能性があります。



    S.S.C.脱毛は成長期の毛のみに対して脱毛効果を発揮するので、既に毛根から離れている退行期の毛に対しては脱毛効果を与えることはできません。



    その場合は、退行期の毛が次に成長期に入るのを待って脱毛施術することになります。



    退行期の毛は、そのまま放置していれば自然と抜け落ちます。



    それは毛根にダメージを受けたからという理由ではなく、毛周期によって退行期から休止期に入ったということになります。



    休止期に入るとしばらく毛根を休ませて、次の毛が再生されるのを待ちます。



    次に成長期の毛になるのを待って再度脱毛施術を行えば、毛根にダメージを与えることができるでしょう。



    施術後2週間経っても抜けない毛がある場合は、すぐに脱毛効果がないと考えるのではなく、焦らずに退行期の毛である可能性を考えてみましょう。



    効果がない理由4.照射漏れの可能性




    施術後に2週間以上経っても毛が抜けない場合は、照射漏れの可能性もあります。



    光を照射出来ていない場合は、成長期の毛であっても抜け落ちることはないでしょう。



    脱毛サロンでは照射漏れに対する決まりがなく、半分泣き寝入りという状況がほとんどです。



    医療機関の医療レーザー脱毛では照射漏れについて細かく定められていて、照射漏れがあった場合、施術した日から何日以内に確認のため来院するという期日まで決められています。



    そこで照射漏れかどうかの確認を行い、照射漏れであった場合は再度施術をしてもらうことができるのです。



    しかしそこで照射漏れではないという判断も多く、再来店の手間だけがかかるといった問題もあります。



    脱毛ラボのS.S.C.脱毛で二週間効果がない場合はどう対処すればいい?




    脱毛ラボで脱毛しても効果がなかった場合、どう対処すればいいのでしょうか?



    脱毛ラボで効果がなかった場合の対処法1.次回来店時に抜けなかった事を説明する




    万が一施術後に毛が抜けなかった場合は、次回来店したときにそのことを伝えましょう。



    そうすれば照射時の出力を強くしてくれたり、念入りに照射してくれるなど何か対策を行ってくれます。



    脱毛ラボで効果がなかった場合の対処法2.脱毛サロンを変える




    何度脱毛施術を行っても全く毛が抜けないという極端な場合は、そもそも脱毛方法が体質に合っていない可能性が高いです。



    その場合はいくら続けていても結果が出ないということになるので、他の脱毛方法に切り替えた方が脱毛効果が高く、早く脱毛を終えることができるでしょう。



    脱毛体験をする前に脱毛サロンを決めてしまうと、体質に合わない可能性もあるので、脱毛サロンを選ぶ際には無料体験を利用するのがおすすめです。



    1回目の施術から毛が抜けるなどしっかり脱毛効果を実感できれば、体質に合わないということはありません。



    中途解約となると手続きが必要になりますし、脱毛サロンによっては手数料がかかる可能性もあります。



    脱毛ラボは残高の10%が手数料として引かれ、銀行振り込み手数料も負担しなければいけません。



    10%も引かれるの?と思いがちですが、脱毛ラボは脱毛サロンの中でも良心的な方で、微々たる金額しか返金されない脱毛サロンも中にはあります。



    脱毛を開始するときにはまさか途中で解約するとは思ってもいないので、解約手数料について詳しく調べない人が多いです。



    しかし損をしないためにも、契約するときには中途解約にかかる手数料を勉強しておく必要があります。



    脱毛効果を出すためには、保湿ケアが必要不可欠なので、自宅で出来るケアについても忘れてはいけません。



    すべてを脱毛サロン任せにせずに、日頃から出来るケアを勉強しましょう。



    日焼けをしないように対策を行ったり、脱毛部位の保湿ケアに力を入れるなど、自分で出来る脱毛効果を高める方法を実践するのがおすすめです。



    脱毛ラボのS.S.C.脱毛は施術するごとに毛が薄くなるので、自己処理の頻度も少なくなり、ツルツルな素肌を手に入れることができますよ。



    まずは自分の肌で体験する事が大切なので、無料カウンセリングで脱毛体験してみてくださいね。