こんにちは、SAYAです。



生理になったら施術NGで、それによるキャンセルも罰金を払わないといけないサロンが多いですが、シースリーはどうなのでしょうか?



周期が安定せず自分では生理がいつくるか分からないという女性も多く、生理中の施術がNGのサロンの場合、通う日の前後で生理にならないか不安な気持ちになりますね。



そこで今回、シースリーは生理中に脱毛できるのか、また生理によるキャンセルのペナルティについて紹介していきます。



スポンサーリンク




シースリーは生理中に脱毛できる?




シースリーは生理になった時点で、全身の脱毛施術を受けることができません。



シースリー生理
(画像引用;シースリーの公式ページより)



HPのQ&Aにも記載がある通り、生理になるとホルモンバランスが乱れやすくなることが原因です。



また肌の状態も敏感になるので、肌トラブルを起こす可能性が高く、施術時の痛みを感じやすくなります。



脱毛当日にいきなり脱毛になったら予約をキャンセルできる?




「予約を入れていたのに当日になって生理がきてしまった」という場合は、予約をキャンセルしましょう。



シースリーは予約した時間の1分前まで無料でキャンセルOKです。



キャンセルに関しては、料金も発生しませんし、脱毛消化のペナルティもないので安心してキャンセルできますね。



無断キャンセルは厳しいペナルティがあるので注意!




シースリーはキャンセルに対しては優しいですが、無断キャンセルに対してはとても厳しいペナルティが発生します。



例えば、いきなり生理が来てやる気がなくなり連絡せずにドタキャンしてしまったという場合は、回数無制限は3,000円の違約金、回数パックは全身脱毛1回分の消化となります。



連絡するか、しないかでシースリー側の対応が大きく変わるので、キャンセルの連絡だけは必ずしておきたいですね。



予約のキャンセル方法ですが、WEBよりも電話の方が確実なのでおすすめです。



WEBだと回線が混みあっているときはスムーズにつながりにくくなるので、予約した時間を過ぎてしまう可能性があります。



電話だとサロンが忙しくてつながらない場合でも、着信履歴が残っていればキャンセルとみなしてくれるので、違約金や脱毛の消化にはなりません。







生理中のVIO以外の部位は脱毛OK?




基本的にシースリーでは生理中の脱毛は受けつけていませんが、VIO以外の脱毛なら施術できそうですよね。



経血が大量に出ている時期でない限り、生理であるということがバレないように感じますが、どうなのでしょうか?



私の経験上、生理のときに脱毛施術をしても肌トラブルなど起きませんでした。



しかしシースリーは全身脱毛専門のサロンなので、VIO脱毛の日は生理を隠すことができないので、必然的に脱毛NGとなります。



他にも4分の1ずつ脱毛していくコースがあり、VIO脱毛ではないときに限り、経血の量が落ち着いている状態であれば脱毛するのもアリかなと思います。



特にシースリーは人気サロンなので、一度予約をキャンセルすると、次の新しい予約が取りにくいと言われています。



もし生理で予約をキャンセルしたとしたら、次に予約が取れるのは何か月後になるか分かりません。



その手間と時間を考えると、VIO脱毛以外であれば生理時でも脱毛したいという気持ちも理解できます。



脱毛サロンの脱毛機は出力が弱く、肌トラブルを起こすほど強いエネルギーではありません。



もし生理時に脱毛して考えられることは、「経血が垂れ衛生的に問題がある」という事と「生理だということがスタッフにばれて気まずい雰囲気になる」ということでしょう。



しかしタンポンを使えば、かなりの確率でバレずに脱毛施術を受けることができますし、経血が垂れるということもありません。



多くの脱毛サロンで生理時の脱毛施術がNGとなっていますが、光脱毛よりも強力な医療レーザー脱毛を行う医療機関では脱毛可能となっていることがほとんどです。



しかし医療レーザー脱毛は光脱毛と比べて、通常でも施術時の痛みを強く感じるので、生理時はより痛みを感じやすくなるようです。



その点を考えると、生理時の医療レーザー脱毛はお勧めできないという意見のクリニックが大半でした。



このような話を聞くと、脱毛サロンは脱毛NGの条件が厳しく、トラブルが起きないように過度な条件を提示しているように感じてしまいますね。



肌の状態を最優先で考えるならば、生理時の脱毛は避けるのが一番です。



シースリーは予約時間の1秒前まで無料でキャンセルできるので、生理でのキャンセルにもペナルティがないという点でも安心して予約をキャンセルすることができます。


予約を取る際に次の生理がいつくるのかだいたいの目安を確認した上で、予約を入れるというのがいいですね。



今回は、生理中でもシースリーで脱毛の施術を行うことができるのかという事について紹介しました。



シースリーは生理時の脱毛はNGですので、生理中でもVIO以外の脱毛ならOKという脱毛サロンは数多くあります。



例えば、ミュゼや銀座カラー、エピレ、キレイモなど大手脱毛サロンのほとんどがデリケートゾーン以外の脱毛はOKとなっています。



生理を隠しながら脱毛するのは苦手という人は、はじめから生理時もVIO以外なら脱毛OKのサロンを利用するといいですね。



しかしこのようなサロンはキャンセルが厳しく設定されているので、どちらを優先するのかしっかり見極めてから判断するようにしましょう。




事前の自己処理についてはこちらの記事で解説しています。確認しておきましょう。



⇒シースリーで剃り残したらシェービング代が必要?自己処理はどこまで?







シースリーの口コミ!脱毛効果や勧誘の実際は?他店と金額比較!

シースリー(c3)の顔脱毛まとめ!きらめきアフタークリームは顔OK?

シースリー(c3)の料金と支払い方法!クレジットカードの一括・分割について!