こんにちは、SAYAです。



シースリーで脱毛している途中に妊娠が判明すると脱毛を中止しないといけませんが、それはどうしてでしょうか?



また妊娠で中止になった脱毛は、どのタイミングで再開できるのか気になりますよね。



今回は、シースリーはなぜ妊娠中に脱毛できないのか、妊娠が判明したときの対応や脱毛再開の時期についてまとめます。



シースリーで脱毛期間中に妊娠したらどうする?




シースリーは妊娠中に脱毛施術を受けることができなくなりますが、特にサロンに連絡するなどは必要ありません。



なぜならシースリーのコースは無期限なので、いつまでも利用できるからです。



予約を入れない限り、施術を受ける必要がありませんし、回数が消化されることもありません。



元々シースリーは休止制度がないので、妊娠したら予約を入れなければ施術を受ける必要がないのです。



シースリーで妊娠中に脱毛できない理由は?




理由1.安全という医学的な根拠がないから




シースリーのIPL脱毛に使われる光は安全なので、お腹の中の胎児に影響がないとは言われていますが、医学的に安全という証拠はありません。



そのためほとんどの脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛はNGと判断されています。



理由2.肌が敏感になっているから




妊娠中はホルモンバランスが乱れてしまうので、肌が敏感な状態になります。



普段痛みを感じなくても、妊娠すると痛みが増す可能性がありますし、特に敏感肌の人は肌トラブルを起こす可能性が高くなります。



理由3.毛が濃くなる可能性があるから




ホルモンバランスが崩れると毛が濃くなる硬毛化が起こりやすくなります。



妊娠するとお腹や脚の毛が濃くなった、という妊婦さんが多いのはこのためです。



脱毛の効果に逆らい毛が濃くなってしまうと効率が悪くなってしまうため、脱毛サロンでは妊娠中に脱毛できないということになっています。



これ以外にも、妊娠すると体がむくみやすくなったり、妊娠後期になると胎児が大きくなり同じ姿勢がきつくなるという理由もあります。



妊娠初期に妊娠を知らず脱毛してしまったら?




妊娠が判明するまでに2、3か月かかる場合もあるので、その間知らずに脱毛施術してしまったという人も多いです。



妊娠を知らずに脱毛してしまった場合ですが、先ほど説明した通り、シースリーの脱毛に使われる光は体に悪い影響はないので問題ありません。



母体にも胎児にも影響はないので、安心してくださいね。







シースリーは妊娠中も脱毛料金を支払わなければいけない?




休止制度がなく自由に脱毛をお休みできるシースリーですが、妊娠で脱毛を休んでいる間も料金を支払わなければいけません。



妊娠中は料金を支払いたくないという場合は、途中で解約することもできます。



回数パックコースは解約手数料を支払って、回数無制限コースは違約金2万円を支払えば解約が可能になります。



しかし解約するのもお金がかかるので、解約せずに出産後に落ち着いてから脱毛再開するのがおすすめです。



出産後の脱毛再開のタイミングは?




出産したらすぐに脱毛再開できるのかというと、そうではありません。



脱毛再開のタイミングは、授乳完了後であり、生理が安定してきているかどうかが重要なポイントになります。



生理が安定してきているということは、ホルモンバランスが安定したということを意味しています。



出産後や育児中は体力を使いますし、精神的な負担もあります。



無理をして脱毛を再開せずに、育児がひと段落してから脱毛を開始するのがおすすめです。



自分のペースで脱毛していくことができるのも、無期限のシースリーだからこそできるメリットですね。



事前の自己処理についてはこちらの記事で解説しています。確認しておきましょう。



⇒シースリーで剃り残したらシェービング代が必要?自己処理はどこまで?







シースリーの口コミ!脱毛効果や勧誘の実際は?他店と金額比較!

シースリー(c3)の顔脱毛まとめ!きらめきアフタークリームは顔OK?

シースリー(c3)の料金と支払い方法!クレジットカードの一括・分割について!