足のレーザー脱毛の痛みはどれくらいなのかとイメージした女性の脚の写真




こんにちは。あかねです。



これからクリニックで医療レーザー脱毛をする方にとって、施術時の痛みは、効果や回数、価格と同じくらい大きな関心事。



特に対象部位が足の場合、施術範囲が広いのでなおさらです。



今回、足をレーザーで施術する際の、痛みの程度と軽減する方法についてまとめてみました。



スポンサーリンク




足のレーザー脱毛の痛みはどれくらい?

 
足のレーザー脱毛は痛みを感じる人は多いけど回数を重ねると軽くなる?イメージ




実際に医療レーザーで足脱毛した方の感想を探してみましたが、最初はみなさん、かなり痛みを感じるようです。






「歯を食いしばってがんばったけど、終わったらしばらくは放心状態…」

「ひざ下や指は、脇とは比べ物にならないくらい痛くて脂汗をかくほど」

「照射されるたびに針でさされるような激痛が!次に通うのがゆううつ…」

「輪ゴムで弾かれる感じ。ただし、一番太い輪ゴムを使って思い切り伸ばして弾く感じ」

 


経験者の口コミを見てみると、余計に医療レーザーの痛みが不安になりますが、強い痛みに悩まれるのははじめの数回だけ、というケースが多いです。



遅くても3回目くらいには少しずつ楽になって、効果を実感しはじめるので、通うのが楽しくなるという意見が目立ちますね。



最初は毛量が多いため、その分レーザーに反応する毛根も太いことから痛みも強いです。



しかし、施術を重ねていく事で、毛が細くなっていくので、痛みも軽くなっていきます。


また、最初は緊張しているため、全神経が痛みに集中しますが、何度か通って慣れていけば緊張もなくなり、それによって楽に感じるようになります。



一方、最初から「部分的にチクッとする場所はあったけど、それ以外はあまり痛くなかった」という方もいます。特に美容電気針の経験者にとって、「医療レーザーの痛みなんて極楽」だと言う方もいるほどです。

 

本当に、こればかりは個人差があるので、痛いという口コミに左右されずに体験してみることをおすすめします。






 

レーザー脱毛の痛みを軽減する方法とは?

 
足のレーザーの痛みを軽くしたい女性の写真イメージ




多くの方は「痛くてもがまんできる痛み」だと言っていますが、できることなら少しでも痛みを軽くする工夫をしたいですよね。そこで痛みを軽減する方法を紹介していきましょう。

 

痛みを軽減する方法1.照射レベルを下げてもらう




痛くて我慢できないという時は、レーザーの照射レベルを下げてもらいましょう。



もちろん照射レベルが高いほど効果は高くなりますが、痛みもそれに伴って強くなります。



照射レベルを下げるとその分効果が弱まってしまいますが、痛みを軽減するためには照射レベルを下げた方がいいです。



無理をして高い照射レベルのままにしていると、火傷する可能性もあります。



照射レベルを下げても、サロンでの施術よりは効果が高いので、慣れるまでは無理をしないようにしてください。



口コミの中に、「痛かったけど、しっかりと冷やしたら痛みが引いた」という方もいましたので、こまめ冷やしてもらうなど、保冷に関しての相談をするといいですよ。




痛みを軽減する方法2.スタッフと会話して気を紛らわす




医療機関のスタッフさんは、施術時の痛みを軽減するために、わざと声かけをしてくれるところがあります。



それはなぜかというと、誰かと会話をしているとそちらに気が向くため、痛みを感じにくくなるからです。



どうしても痛みが不安だという方は、看護師さんとの会話に集中して、痛みに意識がいかないようにするのも一つの手ですよ。

 

痛みを軽減する方法3.生理時など肌が敏感なときは施術を避ける




生理中は肌が敏感で痛みを感じやすい時期なので、施術は避けておきましょう。

 

その他にも、体調が優れないときなども肌が敏感になっています。



医療レーザーを受けるときは、体調を整えて万全な状態で施術を受けるというのが安心です。



睡眠不足にならないように、前日は早めに寝て体調管理をしてくださいね。



痛みを軽減する方法4.保湿を心がける




肌に十分な潤いを与えることで、レーザーによる表皮の熱を抑えるため、痛みを軽減する効果があります。



それにより、より出力を高めることができるため、施術効果も高める事ができ、同時に、当日の痛みを軽減してくれる対策にもなります。



スポンサーリンク



 

足の中でも特に痛みが強い部分とは?

 


同じ足でも、照射部分によって痛みの度合いに違いがあるようです。



特に痛みを感じる部分は、ヒザやスネの骨に近い部分です。



脂肪がしっかりとついている部分は比較的痛みを感じにくいですが、皮膚と骨が近い部分に関しては、その他の部位よりも痛みが強くなるという特徴があります。



光脱毛では痛みはそれほどでもないのですが、医療レーザーでは、人によってだいぶ痛みが激しくなりますね。



特にヒザや足首、足の甲と指は、「予想以上に痛かった」という声が目立ちます。ともに骨に近く、皮下脂肪がない部分だからです。

 

また皮下脂肪があるにも関わらず、太ももの裏側も、想像以上に痛みが強いのですが、これは皮膚が薄いからです。


 

毛量や体調によって痛みの感じ方には個人差がありますが、足は広範囲なので、照射時間がかかる分、長時間痛みをガマンする事になりますので、予め想定しておくと良いです。

 

医療機関なので麻酔を使用するという選択肢もある事を理解した上で、医療レーザーを利用してくださいね。