足脱毛で足のぶつぶつが改善されるイメージ
足脱毛で足のぶつぶつが改善されるイメージ


 

こんにちは。あかねです。


 
私もそうですが、ムダ毛だけでなく、足のぶつぶつで悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。



足脱毛を経験した女性の口コミを見てみると、ムダ毛の悩みが解消されただけでなく、足のぶつぶつまで解消された人が多いのです。



そこで今回は、足のぶつぶつの原因と、足脱毛で解消できる理由について詳しく解説していこうと思います。



足脱毛の期間はなぜ長いの?毛周期との関係について!



スポンサーリンク





足のぶつぶつの正体とは?




鳥肌のようにできる足のぶつぶつですが、どのような事が原因でできてしまうのでしょうか?



足のぶつぶつで悩んでいる方も多いと思いますが、その正体はいくつかあります。



まず一つ目ですが、毛穴の色素沈着です。ぶつぶつが赤黒くなっている場合は、毛穴の色素沈着だと考えていいでしょう。



二つ目は、毛穴に残った毛の存在です。毛穴から毛の断面図が見えることで、足に黒いぶつぶつが見えてしまいます。



三つ目は、毛孔性苔癬です。よく二の腕にぶつぶつができている女性がいますが、それも毛孔性苔癬です。



この三つの足のぶつぶつは、足脱毛することで改善することができます。まずは、足のぶつぶつの原因を詳しく見ていきましょう。



足のぶつぶつができる原因とは?

足のぶつぶつの原因が間違った自己処理によって起きた女性のイメージ




先ほど解説したように、足にできるぶつぶつにはいくつかの種類があり、それによって原因も異なります。



毛穴の色素沈着




毛穴がダメージを受けて色素沈着を起こすと、赤黒いぶつぶつになります。



この原因は、カミソリによる摩擦とダメージです。カミソリの刃が当たる事で、毛穴に負担をかけることになり、メラニン色素が生成されて色素沈着を起こします。



毛穴の色素沈着で悩んでいる人の肌は、部分的ではなく、全体的に色素沈着が広がっています。



他にもワックス脱毛も、ワックスを剥がして毛を引き抜くときに毛穴に大きな負担がかかります。そのため毛穴の色素沈着の原因になります。



毛穴に残った毛




足の毛をカミソリで処理している人は、誰しもが悩むのではないでしょうか。



カミソリを使って処理すると、毛の断面積が広くなるため、毛穴から毛が黒い点々になって目立ちます。




せっかくムダ毛処理をしても、毛穴に毛が残ってぶつぶつしていると、足を出すことができませんよね。



毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)




毛孔性苔癬は皮膚炎の一種で、新陳代謝が悪く毛穴に角質や垢などがたまってしまうのですが、毛孔性苔癬の原因は様々です。



もちろん自己処理による乾燥も原因となりますが、ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、遺伝なども影響します。



原因は、肌の細胞の新陳代謝の低下なので、生活習慣から見直して、自己処理の方法やアフターケアなど幅広い改善が必要と言えるでしょう。



足脱毛で足のぶつぶつが改善される理由は?

足脱毛で綺麗な足をめざすイメージ



 

今回紹介した3つの足のぶつぶつは、足脱毛で改善を期待することができます。



なぜかというと、「自己処理が必要なくなり毛穴への負担が軽くなる」「毛穴の中まで脱毛できる」「脱毛することで毛穴に角質が詰まりにくくなる」ということが理由です。




実際に毛孔性苔癬に悩まされた女性が脱毛して、ましになったという人が多くいます。






足脱毛を始めた人の中には、もちろんムダ毛を脱毛したくてという人が多いですが、毛孔性苔癬を解消したくて脱毛を始める人も多いのです。



皮膚科に行っても特に治療法がないため、コンプレックスを強く感じている女性が多いのですね。



脱毛効果、料金ともに安心して利用できるのがミュゼです。ミュゼの足脱毛についてまとめた記事がありますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

ミュゼの足脱毛の必要回数は?お得なコースの申込み方まとめ!
 



今回は以上です。強いコンプレックスになりやすい足のぶつぶつは、足脱毛でムダ毛と一緒にサヨナラしましょう!