ムダ毛が薄くなる食べ物とは?なぜ日本食が効果あるの?イメージ


こんにちは。あかねです。



突然ですが、体毛の濃さは、日々の食生活に影響されるってご存知でしたか?




脱毛サロンでは、妊娠中は脱毛ができませんよね。それは、妊娠によってホルモンバランスが大きく変化するからです。思春期になるとアンダーヘアが生えてきたりするのも、ホルモンの影響によるものです。



そう、このように、ムダ毛とホルモンバランスは、密接な関係があるのです。



濃いヒゲが生えるのは男性だけのように、体毛の濃さはホルモンバランスに影響を受けています。



ヒゲのように特徴的な部分だけでなく、性別に関わらず生える腕や足などの体毛も一般的に男性は女性に比べると濃いですよね。それは、男性ホルモン(テストステロン)の影響によるものです。



もちろん女性にも男性ホルモンは存在していますが、女性ホルモンの比率の方が重く、バランスを保っているのです。



ムダ毛には個人差がありますが、「男性並みの剛毛!」と嘆く女性は、遺伝的な要素もありますが、男性ホルモンの分泌量が他の女性より多いと考えられます。



遺伝はともかくとして、ホルモンバランスは、日々の食生活である程度改善できます。



そのため、男性ホルモンを活発にする食べ物と、男性ホルモンを抑制する食べ物は何かを知っておけば、脱毛サロンに通う効果も倍増するわけです。



そこで今回、男性ホルモンに注目して、ムダ毛が多くなる食べ物と薄くなる食べ物をまとめて紹介します!



スポンサーリンク




ムダ毛を多くする食べ物とは?

ムダ毛が薄くなる食べ物とは?なぜ日本食が効果あるの?ムダ毛多くするイメージ


男性ホルモンには全身の体毛を濃くする働きがあるので、ムダ毛を薄くしたいと考えているなら、男性ホルモンの生成を促す成分の入った食材の過剰な摂取は控えたいもの。



以下の食材は、男性ホルモンの生成を促進します。



1.動物性タンパク質を豊富に含む、牛肉、豚肉の赤身

2.亜鉛を豊富に含む牡蠣

3.長ネギ、ニンニク、ニラ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー

4.塩分の多い食事



これ以外にも、GI値の高い食べ物は、男性ホルモンの分泌を活発にするので、体毛を濃くすると言われています。インスリンを多く分泌する食べ物は以下のものです。



1.精白米

2.砂糖を多く含む甘い食べ物(チョコレート、あんこ、アイスクリームなど)

3.ジャガイモ、ニンジン、カボチャ

4.消化吸収が早い食べ物(パン、うどん、ラーメンなどの小麦粉の食品)

5.野菜ジュース、フルーツジュース

6.コーンフレーク




ムダ毛を薄くする食べ物とは?

ムダ毛が薄くなる食べ物とは?なぜ日本食が効果あるの?ムダ毛薄くするイメージ


体毛を濃くする食べ物と合わせて、ムダ毛を薄くする食べ物も知っておきましょう。



1.大豆製品(豆腐、味噌、納豆、豆乳、きな粉など)

2.低GI値食品(ひじき、玄米、そば、さつまいも、ノリやわかめなどの海藻類、ほうれん草、イワシやサバなどの青魚、鶏肉、ヨーグルトなど)








ムダ毛を薄くするおすすめの食事メニューとは?




ムダ毛が薄くなる食べ物を使った、おすすめの食事メニューを紹介します。



おすすめの食事メニュー1.豆乳シチュー




いつものクリームシチューに入れる牛乳を豆乳にかえるだけです。



豆乳には女性ホルモンと似た働きをするダイズイソフラボンを含んでいるので、女性ホルモンの働きを活発にし、体毛が薄くなるのが期待できます。



豆乳は体毛を薄くするだけでなく、女性らしい若さを保ちたい人にも人気の食材です。



牛乳のかわりに豆乳を入れると、味がまろやかになりますよ。



豆乳が苦手という人は、牛乳と豆乳を半分ずつ入れるなど、お好みの割合でシチューを作るのもおすすめです。



おすすめの食事メニュー2.きなこヨーグルト




ヨーグルトが好きで、毎朝食べるという人には、きなこヨーグルトがおすすめです。



先ほど紹介した豆乳と同じ大豆製品のきなこと低GI値食品であるヨーグルトの掛け合わせレシピです。



甘さが欲しい人は、体毛を濃くする砂糖ではなく、自然の甘味を活かしてハチミツを入れるようにしましょう。



毎日の食事メニューを意識するだけで、女性ホルモンの働きを活発にして、体毛が薄くなるのを期待することができますよ。



日本食はムダ毛にも効果的?




上記の食べ物をざっとご覧いただくと、あることに気づきませんか?



それは肉食が中心の欧米人が毛深い理由が、この食生活に影響されているのでは?ということです。




毛深さに関して言えば、欧米人の方がずっと毛深く、金髪だからあまり目立ちませんが、近くでよく見ると、女性でも腕や背中などに細かいうぶ毛がびっしりと生えています。



男性も、日本人に比べると毛深い人がたくさんいます。



一方、日本人はどうかと言えば、全体の比率で言えば、欧米人ほどではありません。それは食生活が影響しているものと考えられます。



大豆製品や海藻類や青魚などは、日本の食卓にはお馴染みの食べ物です。



日本人のごく一般的な朝食は、ムダ毛対策にも効果的です。それだけでなく、低GI値の食べ物は、ダイエットにも効果的だったのです。



とはいえ、そればかりを食べていると飽きてくるし、たまにはお肉だって食べたいですよね。



体毛が薄くなる食べ物しか摂取しないというのではなく、バランス良く食事するという事が大切です。



我慢のしすぎによるストレスも、ホルモンバランスを崩す原因の一つになります。また生活習慣の乱れや喫煙などもホルモンバランスを崩す原因です。




では、どうしたらいいのか?食事だけではムダ毛を完全に薄くすることはできません。



体毛を薄くしたいのであれば、食事と合わせて脱毛エステや家庭用脱毛器を取り入れるのがおすすめです。



けれどムダ毛と食べ物の関係、ムダ毛とホルモンバランスの関係も、知っておいて損はありませんね。



おすすめの関連記事



⇒日本料理研究会 公式ホームページ



⇒肌荒れせずに脱毛する3つのコツとは?



⇒脱毛サロンの効果を短期間で最大化させる6つのコツとは?



⇒脱毛サロンの掛け持ちのメリットは?上手な利用法まとめ!




脱毛サロンランキング第1位 キレイモ






他社からの乗り換えで5万円。

容姿命の多数のモデル・タレントが500人以上御用達。

目の近くのギリギリの顔脱毛も含まれた全身脱毛が月額9500円。

光フェイシャルで顔のシミや肌荒れも同時にケア。

コスパが一番高い全身脱毛はキレイモ。



キレイモの詳細を見てみる